飲めば飲むほどのどが渇く?意外な罠とは・・・

お茶とコーヒーを嗜む事は時間的にも精神的にも余裕があることの代名詞だ。

女性の日常から抜いておくことはできない文化だ。 余裕があることを追求する日常は精神的にも健康によい。 だが、このような飲み物を水のように飲むのは問題になる。 利尿作用を起こして体内にあった水分まで排出させるためだ。 これが繰り返されれば慢性脱水ができて、これは各種病気の原因になる。

私たちのからだは水分が必要だ。

84260

水分は身体の60%を占めるだけに、私たちのからだの礎石といえる。 水が不足すればからだの代謝作用が減って、からだが受ける色々な負担に対する対応能力も落ちる。ある専門家は“漢方医学では人体に存在する水分を津液という。 これは汗と唾液、胃液、腸液、小便などすべての水分を総括する概念だ。 津液は消化や排便、血液循環など各種身体大使に関与するが、不足すれば身体機関の機能を落とすことができる”と話した。

水分が慢性的に不足すれば慢性疲労と目まい、消化不良、便秘、集中力低下、睡眠障害、関節痛、肥満などが現れる。 理由なしで苛立って不快な気がしたりもする。

女性にさらに多く発生する慢性脱水

慢性脱水は水分不足現象が3ヶ月以上持続する事を意味する。
これは短時間に水分を消失する急性脱水や病的脱水とは違う。 激烈な運動の後感じる渇き、酒飲んだ次の日感じるのどの渇きなどは急性脱水で起きる症状だ。

慢性脱水はこのような渇き症状がない。 したがって自身が脱水症状に陥っているということを認識できない。 慢性脱水は男性より女性によく発生するが、身体構造と生活習慣の差のためだ。 女性は男性より筋肉が少なくて脂肪が多い。 水分は脂肪より筋肉にたくさん含まれるので女性の水分保存力が男性に比べて低くならざるをえない。 また、女性が楽しんで摂取する食べ物のうちには水分がなかったり、利尿作用を起こして水分を奪い取ることが多い。

84262

コーヒーと緑茶などカフェインがたくさん入っている飲み物が代表的だ。 コーヒーとお茶は水でない。 からだの中水分は純粋な水でだけ満たすことができる。 だが、このような飲み物は女性たちが十分な水分を摂取すると勘違いするようにさせて、利尿作用でからだの中水分まで排出させる。

水の代わりコーヒーとお茶を摂取する日常が長く繰り返されれば慢性脱水にかかることができる。 慢性脱水にかかれば吹き出物が出てシワが深くなって、腹が出て体がむくむ症状が現れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>